まだ20代なのに加齢臭?

トップページ >

まだ20代なのに加齢臭?「加齢臭は

まだ20代なのに加齢臭?

「加齢臭はオヤジ臭だから20代の自分には関係ない」と思っていたのに、何かにおうぞ?
まだ、20代なのに加齢臭が気になる人が多くなっています。加齢臭がでるのは、「早い人でも30代」だといわれているのに、「何故、20代で」について考えてみます。

●ノネナール
人の体は皮膚でおおわれています。その皮膚には実に多くの毛穴があります。その内側に皮脂腺があって皮脂をだしています。その皮脂によって適度な潤いが保たれるので、毛髪や皮膚は乾燥から守られるのです。しかし、皮脂に含まれるヘキサデン酸が分解されるときに「ノネナール」が発生するのです。これが加齢臭の元になります。
このノネナールは20代から30代にかけては多くありません。40代以降に増加することがわかっています。

●活性酸素は「ニオイ」の元凶
人間の体は活性酸素によって酸化し老化してしまいます。しかし、人間の体にはこの活性酸素をなくそうとする仕組みがあります。そのため、若いころは活性酸素による悪い影響も少なくてすみます。ところが年齢を重ねるうち、この仕組みが弱ってきます。そのため40代を過ぎると活性酸素が増えてしまいます。結果として、過酸化脂質が増加しヘキサデン酸の分解が進んで、ノネナールが増加することになります。

●20代からの加齢臭の原因は?
同じ「加齢臭」の仲間ではあっても、「20代の加齢臭」と「40代の加齢臭」は同じではありません。また、20代と40代では、皮脂の分泌量に違いがあります。そのため、「ニオイ」にも違いがあります。それでは、どんな違いがあるのでしょうか?
加齢臭のニオイの元が「ノネナール」であることは、ご存知の方も多いと思います。当然ながら、「40代の加齢臭」の元は「ノネナール」です。しかし、「20代の加齢臭」の場合は違っているのです。「ぺラルゴン酸」という有機化合物がニオイの元なのです。
確かにノネナールとぺラルゴン酸は異なったものですが、化学式が酷似しているので似た物質だとも考えられています。これが20代からの加齢臭の原因の一つだといえます。
さらに、「20代の老化が進んでいるから」という原因もあげられます。かつては「生活習慣病」は中高年の病気だとされていました。高血圧や心筋梗塞などがそうです。しかし、若年層とされる20代にもの「生活習慣病」になる人が増えてきているのです。今どきの20代の老化が進行しているというのは確かなようです。

●加齢臭の要因になるのは?
・不規則な食生活
・ストレス

20代となるとやっぱり親元を離れて一人暮らしのという人が多いので、どうしても食生活が不規則になりがちです。また、外食やコンビニ弁当などの安易な方に流れてしまいがちです。食事のバランスを考えながら自炊するというのは簡単ではないようです。
現代人の誰もがストレスを抱えていますから、20代だけのものとはいえません。
しかし、この2つが大きな要因だといえます。

特に食生活に関しては、現代では親元を離れて暮らしている20代が多いこともあり、食生活の乱れは増える一方です。もちろんしっかり自炊してバランスのとれた食事をしている方も居ますが、なかなか一人暮らしなどをしていると難しいのも現実です。
主な原因がこの2点となるでしょう。

●加齢臭対策
加齢臭対策について考えるには、「ニオイのでる部位はどこか?」「どこが一番ニオうのか?」を明らかにして、対策を実行するのが効果的です。
どうやら加齢臭が一番ニオうのは「頭」のようです。ですから、丁寧に洗髪するのが大切です。加齢臭はもちろん、フケや頭皮トラブルを防ぐことができるのです。それでも、ニオイが心配な場合は朝シャンも効果的です。
頭だけではなく、体全体の汚れを落とすのは当然ですが、意識的に「頭」を清潔に保つことは効果的です。
それに加えて、「規則正しい生活」「ストレスをなくす」も大切です。
不規則な睡眠や食事、睡眠不足、暴飲暴食を続けるとホルモンのバランスが崩れてしまいます。病気の原因にもなってしまいます。その結果、体臭がひどくなるということもあります。まずは小さな一歩からはじめて「規則正しい生活」を心がけましょう。
ストレスは加齢臭だけでなく病気の大きな要因といわれます。加齢臭についてはストレスが原因で活性酸素が増加し、皮脂を酸化させニオイにつながるといわれています。また、様々な病気の要因の一つに過度なストレスがあげられています。生活の中に「ストレスをなくす」ための工夫を取り入れてみなしょう。



柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプー

スカルプケアとデオドラント効果をあわせもつ強力な味方が、柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプーなのです。
すっきりした香りで、地肌の汚れと「におい」を洗い流してくれます。

●柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプーのこだわり
・「柿のさち」成分
柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプーには、頭皮を清潔で健康に保つ成分が配合されています。
まず、「炭」が毛穴や地肌の汚れや老廃物を綺麗に洗浄してくれます。そして、「グリチルリチン酸ジカリウム」は「におい」の原因と雑菌が増えるのを抑制し、汗の「におい」を防いでくれます。
柿の渋み成分である「カキタンニン」には抜群の防臭効果があります。さらに皮脂を保護してくれます。ちなみに、緑茶から抽出される「タンニン」よりも効果があるといわれています。これに加えて、植物からとった「天然植物エキス」による保湿効果も有効です。
まさに、洗浄と保湿に優れたシャンプーだといえます。

・頭皮をケアして「におい」を防ぐ
洗浄、殺菌、予防の3段階。
まずは、「におい」のもとを洗い流します。細かい炭の粒子が、髪や地肌の脂や老廃物、汚れなどを綺麗にながします。加齢臭の原因となるノネナールの発生を防ぎます。優しくもみ洗いすれば、マッサージ作用でより効果的です。
続いて殺菌です。グリチルリチン酸ジカリウムが「におい」のもととなる雑菌を退治してくれます。
最後に予防です。頭皮や髪を清潔で健康に保ってくれるので、かゆみやフケなどを防いでくれます。


・髪と地肌を健康に
柿渋由来の「カキタンニン」には、保湿効果があります。そのうえ、髪と地肌を清潔に保ってくれるのです。髪をしっかり乾かすのも大切です。お風呂上がりにはドライヤーを忘れずに!


●商品情報
柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプー1本は通常価格2,400円で販売しています。現在、柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプーは、「男性のためのスカルプ実感キャンペーン」を開催中です。初めてご購入の方限定で、効果的な洗髪を実感できる「クレンジングブラシ」を差し上げます。送料もいりません。これだけの特典がついて、お値段はそのままの2,400円です。
公式ホームページからご注文ください。「柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプー」の効果的なスカルプケアで髪と頭皮の健康を実感してください。

もっと詳しく⇒加齢臭予防 シャンプー 


心理的面でのアプローチによる治療

手汗の治療法には、内服薬や手術の他に、心理的な面でのアプローチで改善を目指すという方法もあります。
手汗は、神経活動が原因で起こり、心理面が原因とはなっていません。
ところが、発汗量が多くなり、日常生活に支障をきたすほどになると、そのことにストレスを感じたり、汗をかくことに不安感や恐怖感を覚えるようになることもあります。そして、そのことが原因でさらに発汗量が多くなります。
このように汗に対して不安や恐怖を感じると、手汗に作用する治療を行ってもなかなか効果が得られなくなってしまいます。
そのため、発汗に作用する治療を行いながら、心理的な苦痛を解消していくことで、効果的に手汗を治療できます。
心理療法として「カウンセリング」を行うケースが多くなっています。
カウンセリングを何度か受けていくことで、手汗に対する不安感や恐怖感を取り除くことができ、手汗に対して悪いイメージを払しょくすることを目指していきます。
その他、大切な効果は、自律神経のバランスを正常化させることです。
手汗は、自律神経の一つとなっている交感神経が活発になりすぎることが原因と考えられています。
手汗治療のためのカウンセリングにおいて、自律神経を正常化させるための生活習慣などを指導していきます。この訓練をしっかり行うことで、手汗の悩みを解消し、快適な生活を取り戻すことができます。
手汗に対してマイナスの感情ばかり抱いている方に対しては、かなり効果の高い治療法となっています。

記事下挿入文字
まだ20代なのに加齢臭?「加齢臭はの下

メニュー


メニュー


Copyright (C) 2014 まだ20代なのに加齢臭? All Rights Reserved.

PAGE TOP